サービス一覧

  • ホーム
  • サービス一覧
  • 認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

やわらぎ西立川 やわらぎ西立川

サービス概要

「少人数の家庭的な雰囲気のなかでの共同生活を支援するサービス」
認知症の高齢者が共同で生活する住居において、入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練を行います。
少人数(5人~9人)の家庭的な雰囲気の中で、症状の進行を遅らせて、できる限り自立した生活が送れるようになることを目指します。

対象者

認知症の症状がある要介護1以上の認定を受けた方(なお、認知症の原因となる疾患が急性(症状が急に現れたり、進行したりすること)の状態にある場合は対象となりません。)
※認知症:脳血管疾患、アルツハイマー病等によって、日常生活に支障が生じる程度にまで記憶機能やその他の認知機能が低下した状態

サービス内容

食事、入浴、排せつの介護
機能訓練(リハビリテーション) ほか

利用料の目安

要支援2  743円
要介護1 747円
要介護2 782円
要介護3 806円
要介護4 822円
要介護5 838円

 

※上記は1割の自己負担額。
※上記とは別に、食費、理美容代、おむつ代やその他の日常生活費が必要になります。また、入居費用も別に必要となります。
※サービス提供事業所の所在地、サービス提供体制、サービスの内容等に応じて利用料は異なります。
※詳しくは当法人の担当者、もしくは市区町村の窓口や地域包括支援センター、担当のケアマネジャーにお問い合わせ下さい。

1日の流れ

▽6:00頃起床〜 朝食

職員が個別に起床介助を行います。皆さんが集まるまでリビングでゆったりとくつろがれ、定期購読している新聞や朝の情報番組を観ながら朝食を待ちます。食事が始まるとリビングで他の利用者様とテーブルを囲み、会話を楽しみながら召し上がっていただきます。

▽9:00〜 10時のお茶・午前体操・入浴

毎日の健康チェック(体温・血圧)を行います。10時からはコーヒーお茶などで水分補給を行った後、他の利用者様と一緒にしっかりと体操をして元気に身体を動かします。上半身、下半身、棒、タオル、口腔体操など様々なものを用意しています。また、入浴予定の方にはスタッフが個別に対応して実施しています。

▽12:00〜 昼食

事業所内にある厨房で一から作った食事をリビングで他の利用者様とテーブルを囲み、会話を楽しみながら召し上がっていただきます。

▽13:30〜 散歩・午後レクリエーション

午後は天気が良ければ近くの公園へ毎日散歩に出かけています。また定期的に喫茶店に行ったり、併設するデイサービスで行われるボランティア様による楽器演奏、踊り、歌、マジックショー等々のイベントに参加しています。

▽14:30〜 お茶菓子・食事作り・夕方体操等

毎日お茶菓子を用意しています。夕方にはスタッフと一緒に夕食作りや体操・脳トレ・歌等のレクリエーション活動的を楽しく行って頂きます。

▽18:00〜夕食

利用者様と一緒に作った夕食をリビングで他の利用者様とテーブルを囲み、会話を楽しみながら召し上がっていただきます。ご希望の方は嗜好品の追加や晩酌も行えます。

▽20:00〜 就寝

夕食後はゆっくりとリビングで過ごされたり、自身の個室で休まれたりされています。パジャマ姿のままリビングで仲の良いお仲間と話し込んだりと寝る直前まで楽しく過ごされています。夜間は2名の夜勤職員がご利用者様の安全を確認して休んでいただきます。

  • 社会福祉法人 にんじんの会
  • 子はたからプロジェクト
  • 認知症予防プログラムだんだんダンス
  • マイナビ2020 学生のための就職情報サイト エントリー受付中