サービス一覧

  • ホーム
  • サービス一覧
  • 居宅介護支援(ケアプラン作成・介護相談)

居宅介護支援(ケアプラン作成・介護相談)

サービス概要

「自宅で自立した生活をするためのケアプランの作成やサービス調整」
介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行います。
制度上「自宅(居宅)」とされる住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の利用者(入居者)も利用します。

対象者

要介護1以上の認定を受けた方

サービス内容

  • ケアプラン(居宅サービス計画)の作成
    ケアマネジャー(介護支援専門員)が、心身の状況や生活環境、本人や家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。
  • サービスの連絡・調整
    ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所や、施設などとの連絡・調整を行います。

利用料の目安

利用料はありません。

1日の流れ

▽8:45~

毎朝、ミーティングをします。本日の予定など情報を共有します。ケアマネージャーは1日の中で利用者宅や病院、市役所等様々な場所に行きます。担当不在時でも迅速に対応できるように、ミーティングは重要です。

▽9:30~

モニタリング訪問へ。今日は先月から新しくデイサービスが利用になった利用者の自宅に訪問です。「新しいデイサービスはどうですか?」「何かお困りごとはありませんか?」ケアマネージャーは毎月ご自宅に訪問し本人のご様子や、適切な居宅介護支援が行われているか確認します。必要があれば家族、各関係機関と連絡、調整します。

▽13:00

サービス担当者会議へ。本人、ご家族、サービス提供事業所で話し合いをします。

▽14:30

病院や市役所との連携も大切な仕事の一つです。必要であれば相談に乗ってもらうこともあります。

様々な社会資源との繋がり

研修や、勉強会、地域で開催される勉強会などに参加します。自身のスキルアップの他、ケアマネージャーは様々な社会資源との連携が必要です。多職種との「顔の見える関係」を築くことはよりスムーズなマネージメントにつながります。

幅広い業務もこなします

事業所に戻り、本日の記録や連絡調整、書類の作成、不在時の電話対応等、事務的な仕事もあります。

  • 社会福祉法人 ニンジンの会
  • マイナビ2019 学生のための就職情報サイト エントリー受付中
  • 子はたからプロジェクト
  • 認知症予防プログラムだんだんダンス